TOP

グレイシーズの風俗体験談です

軽食が充実したらうれしい

ガールズバーだと女の子との楽しいトークが続きます。聞けば求人を見て応募して入店したというまだ新人さんですよ。新人だからどうということはなくて、私の好きなガールズトークを爆発させてくれます。こういうのがいいですね。キャバなんかだとガールズトークでありながらいつのまにか営業トークになったりするので、こういうのはやっぱりガールズバーのほうが素のトークができるのがいいですよ。基本的にお店自体は正社員と言うことではなくて、なんていったらいいのかな。時給で働く感じらしいですね。もっともネットのホームページを見てもアルバイト募集なんて書いてあるのですから、みんなバイトで働いているということですよ。もっとも客の立場からしたら、女の子がバイトだろうがなんだろうが全く関係なくてトークが楽しくておいしい酒が飲めれば問題ないですよ。時間帯によって混みようが違うので早く来たいので何かお腹がふくれるものを食べさせてくれたらな、なんていつも思います。

生き残るには投資が大切です

今ではガールズバーってあちこちにありますからね。行きつけのお店を作るよりはあちこちのお店に顔を出しています。それにしても次から次へとお店ができるな、って感心しますけど、それと同じくらい閉店してるのですよ。もちろん続いているお店もありますからその違いってどういったところにあるのかなってよく思うのですよ。まあ答えとしては一つしかなくて、いかに女の子を揃えるかなのですけど、もちろん質が大切ですからね。どこのお店もそうなのですけど、ネットのホームページに行くと必ず求人ページがあってそこから応募してくる女の子もいれば、風俗情報サイトから応募してくる女の子もいます。求人サイトに求人情報を掲載するのは当然お金がかかるのですけど、そういった投資も質の良い女の子を確保するには欠かせないということですね。そんな風にアルバイトの女の子を確保するための努力をしているところが、結果として生き残るガールズバーということでしょう。

ちょっとしたGBのうんちくを述べてみた

まあ、厳密に言えばガールズバーは風俗ではないのですよ。なんていうとこれも厳密にいうと風俗営業の許可をとっているかどうかによるのですけどね。これを見極めるのは営業時間と接客スタイルによります。朝方の5時くらいまで営業しているGBは間違いなく飲食営業ですよ。それと接客もカウンター越しでしかも10分とか15分くらいで回転するのもそうですね。10分以上女の子が接客すると接待とみなされて風営法に引っかかってしまうのです。ですから、15分の接客なんていうのもグレーゾーンなのです。まあ固いこと言わなくても、なんていう世界なのですけど、警察の機嫌を損ねたら重箱の隅みたいな感じでつついてくるようですよ。まあ、ガールズバーくらいでは客のほうにとばっちりがくることはないでしょうけど、今はそんなグレーなところもあるGBに通ってます。女の子の出入りが激しくていつも求人見て入店したばかりというバイトの若い女の子が多くて今はそんな女の子とのトークが大好きなのですよ。


可愛い女の子が大集結!全国のガールズバー情報サイト【メリーシュポット】